腰:背中の調整
腰:背中の調整

腰の動き、背骨、肩甲骨の動きを整え、繋げることで身体の無駄な緊張も抜けて緩まり、動きやすくなる

press to zoom
ハンドリング ボール(全身)
ハンドリング ボール(全身)

ボールの柔らかさ、円形の形が身体の調整に合います。 全身では、リラグゼーションと全身を動きやすくし、安定させていきます

press to zoom
横隔膜・内臓の調整
横隔膜・内臓の調整

横隔膜の動きを作ることで、腰が緩み、呼吸も大きくでき(腹式呼吸)、身体の緊張も抜け、上半身と足の繋がりも出来スムーズに動きやすくなる

press to zoom
スラックライン
スラックライン

一本のラインに乗ることで、バランス感覚と軸感覚、さらに身体のしなやかさを楽しみながら身に着けていきます。 遊び感覚で身体を整え機能的できます 足の感覚はかなり変わると思います。 慣れると身体の緊張も抜けます

press to zoom
顎を緩める
顎を緩める

顎は身体の緊張に深く関与していたり、頭の緊張とも関係している 顎を緩めることで、近くの首・肩はもとより、全身の緊張が抜けやすくなり、動きもし易くなる

press to zoom
骨盤の動きと感覚調整
骨盤の動きと感覚調整

ボールや手などで、骨盤の各部位を感じたり、動きをすることで、骨盤の細かな感覚や動きを知っていきます。 身体を機能的にして、自分にとっての心地よい姿勢の位置を見つけていきます

press to zoom
足・脚の調整
足・脚の調整

脚を緩め、動きを作ることで無駄に脚を頑張ることをさせずにすみ、脚の負担を軽くし傷めることを防ぎます。 さらに全体の動きも軽くなったり、姿勢も軽くなりつつ、しっかり立てたりします。 歩きも軽くなります

press to zoom
ハンドリング ボール(部分)
ハンドリング ボール(部分)

ボールの柔らかさ、円形の形が心地よくリラックスし緊張が抜け、身体の動きをスムーズにさせる。 身体を機能的に体感させることができ、身に覚え変化できます。 部分的に行えば、全身の繋がりから部分動きを感じられたり、逆に部分から全身の動きを繋げることもできます

press to zoom
腕の調整
腕の調整

腕や指を機能的に動かせることで、身体は安定し肩首にも緊張が入りません。 身体全体の動きが無理無駄なくできます。 また指や腕の負担も減り、傷害も減ります。

press to zoom
1/3